施工図がアートに見える!

    ジョサイア・コンドルという人物を知っているだろうか。
    明治時代の日本建築の基礎を築いたイギリス人。
    では、彼の描いた設計図や施工図を見た事があるだろうか?
    学生の時分、アルバイトで建築施工図を引いていた私は
    学校の図書室で彼の図集を見つけ衝撃を受けた、
    それまで、一部の意匠図を除いて無味乾燥と思えた設計図や施工図が、
    まるで絵画の様に描かれていて、以来足繁く図書室に通っては
    しばしそれを閲覧する様になった。
    神保町の書店にも同じものがあったが、
    当時の私には、書籍としては高すぎてとても手が届かない。
    そしてやっぱり、図書室に足を運んで行くのだ。
    残念ながら、コンドルの建築の多くは消失していて、現存するものも少なくはないが。
    実際のそれに勝るとも劣らない図面は好きなアート作品である。

    Categories: デッサン帳

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です