アート好きの視点で土壌調査でわかることを分析してみた

アート好きの視点で土壌調査をすると、両方には共通する要素があることが分かりました。
地質の層序は数万年から数億年の年代で堆積していますから、
人間の寿命とは全く違う規模で作られています。
ローム層は1万年で1メートル程度しか堆積しないものですから、
10万年ほどの地層を眺めると、古風な絵画として楽しむこともできます。
周辺に大きな火山がある場所では、巨大噴火の影響で軽石や火山灰が堆積するわけですが、
この地層も大変に美しいのです。
層序が木星の表面のようになった地層は、アート作品としても十分に通用する美しさです。
土壌調査の段階では、海成層に埋もれている化石を発見することもありますが、
こちらもアート作品のような魅力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です